デルメッドヘアエッセンス辛口口コミ、購入前に評判チェック!

デルメッド

デルメッド育毛剤は効果はあるが、白髪の多い方は注意が?

 

デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤は、歴史ある三省製薬が製造している商品です。

 

この育毛剤に配合されているCTP(6-ベンジルアミノプリン)という成分は、この三省製薬が1990年に、白髪の防止剤の研究をしていた約500種類ほどの素材の中から独自に発見した成分を使用しています。

 

この成分は、1995年に厚生省から有効成分として認可されていて、現在では、さまざまな育毛剤などに配合されています。

 

CTP(6-ベンジルアミノプリン)を配合した「デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤」は、「抜け毛の減少」や「毛髪がしっかりする」などの声を約20年にわたり積み重ねてきている実績ある商品です。

 

確かに同じような成分を含んだ薬用育毛剤は他にもありますが、この長い経験の中から改良されて、毛髪補修成分「セピアプロテイン」配合や、毛髪の紫外線のダメージを抑えるために「マテ茶エキス」などを配合したりして育毛効果を高めるために、常にグレードアップしている「デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤」が口コミなどで支持されている理由は、この信用と実績が大きいでしょう。

 

ただし、ちょっと使用する側も気をつけなければいけないこともあります。それは、白髪が多くなってしまい「白髪染め」を使っている方が使用する場合です。

 

メーカーでは、「カラーリングをした日は、頭皮への影響はございませんが、カラーリング当日は染毛料が落ちやすくなりますので、当日のご使用はお控えください。」となっており、どこの育毛剤でも同じような注意書きはありますが、「デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤」は、やや脱色効果が強く感じるかもしれないという事です。

 

これは配合されている「エタノール」の成分により脱色されてしまうわけで、使用方法を間違わなければ何の問題もありませんが、実際に育毛剤の購入を考えている方は、白髪染めを使用しながら、育毛剤も併用して使う方も非常に多いと思いますので、把握しておきましょう。

 

しかし、この脱色の問題は、本人の「髪の太さや髪の質などの影響」、もしくは「使用している白髪染めの配合成分との影響」なども考えられますので、まずは、白髪染めとの併用を考えている方は、お試し品などを利用して試してみることをおススメします。

 


デルメッド

 

デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤の辛口の口コミは?

デルメッド育毛剤公式サイトでは、非常に多くの方が効果を実感している口コミが記載されています。デルメッドは約20年にわたり育毛剤を販売し、実績を積み重ねてきた商品ですので、間違いのない育毛剤ですが、やはり、効果の表れ方には個人差がありますので、あえて、辛口の口コミを集めてみました。参考にしてみるといいでしょう。

女性A
使う意味ないなと思ってしまい使用を中止

ほっておいても髪がはらはらおちるような状態で、何かいいものないかとおもい使用。

一本使いましたが、止まるどころかどんどん抜けていくので使う意味ないなと思ってしまい使用を中止しました。

サラサラの液体でクセの強くない香り、スーッとした使用感は悪くありませんでした(垂れてくる以外は)

女性B
今の所実感はありません。

年齢のせいもあって髪が細くなり、生え際の地肌が気になりだしたのでこちらを使い出しました。

抜け毛の多さも気になっていたので、せめてそれが少しでもマシになれば・・と思っていますが、1本使い終えて今の所実感はありません。

朝晩ととにかく3ヶ月は続けて様子を見てみます。

女性C
とりあえず半年は続けて様子を見てみようと思ってます

40歳を超えてすぐに薄毛に悩むようになりました。円形等は無いのですが、頭頂部が全体的に細く薄く…
くっきり分け目を作ると頭皮がすごく目立ちます。ハリもコシも無くてフニャフニャだしいいところが何もないです(^_^;)

有名ドコロで育毛プログラム的なものも考えましたが金額が…
育毛剤をーと色々見ていてもやっぱり高くて自力でマッサージだけして頑張ろうと思っていたらコチラの商品を見つけました。

まだ数日なので、育毛力の程は分かりませんが使い心地も良いのでとりあえず半年は続けて様子を見てみようと思ってます

女性A
定価だと割高感がありますが・・

DHCの美髪根に比べると量も少なく、定価だと割高感がありますが、女性ホルモンに注目など説得力があります。

使用感はマッサージした後の適度のスースーが爽快!! 香りもいいし好きです。これで髪が増えたらこちらをリピしてもいいな、と言う使用感です。

女性B
パッケージをなんとかしてほしい・・

中身は優秀なので、パッケージをなんとかしてほしいですね。
外したキャップは転ばないようにしてあったりしてかなり使う人の事をよく考えています。

が、しかし、おしい!!実直すぎる!
もう少し遊び心を入れて欲しいような、乙女心をくすぐらせてくれる商品に昇華してほしい。

若い子にも使えるような(私若くないけど)洗面台に置いておいても絵になるような見た目にして欲しいです。

 

以上、「デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤」の辛口の口コミを紹介しましたが、効果を早く実感できなくて使用をやめてしまっている方が多くいました。メーカーとしては、「早い方で1ヶ月ほどで少しの効果が目に見えてわかる程度であり、通常は半年から1年を目安に使用してください」という事ですので、ある程度の継続が必要なのかもしれませんが、そんなに待っていられない方が大勢いるといったところでしょうか?

 

また、デルメッド育毛剤を製造している三省製薬は、コスメ専門メーカーではなく、成分の研究メーカーということもあり、パッケージやデザインなどは、もっと良くしてもらいたいという声も多くありました。

 

この辺は、実用的な部分をとるか?オシャレをとるか?個人的なセンスの問題になってくると思いますが、いずれにしても、「デルメッドヘアエッセンス薬用育毛剤」自体は間違いのない商品ですので、まずはお試し品などを利用して、自分に合うか試してみるといいでしょう。

 

三省製薬の薬用育毛剤→初回半額

 

デルメッドヘアエッセンス育毛剤のカギ「CTP」成分とは?

先ほどから説明しているので、何となく、「CTP」は詳しくはわからないが髪には良さそうと思っていると思います。では、もう少しわかりやすく説明してみましょう。「CTP]とは(6-ベンジルアミノプリン)という長い名前の成分のことをいいます。

 

この成分は、もともと蘭の開花やリンゴの果実の成長を促すなど、植物細胞を元気にする働きがあり、農業の分野で広く使われていた成分です。

 

植物の成長を促すように、髪の成長をつかさどる細胞にも直接働きかけ、発毛を促進するちからがあることを突きとめました。その後、育毛剤への応用を見すえて開発をスタート、1995年に厚生省(当時)から有効成分として認可されています。

 

そして現在まで、脱毛の治療に利用されてきたわけです。数年前までは、男性特有のものとされていた抜け毛や薄毛の悩みが、最近では大人の女性にも増加してきたために、CTP(6-ベンジルアミノプリン)の力が改めて活かされています。

 

実際、臨床試験においても、継続使用で抜け毛を予防し、太く、しっかりとした髪を育むちからがあることが認められており、男性用育毛剤ばかりでなく、女性用の育毛剤にも多くに採用されています。でも、この成分の効果について、すべてが把握されているわけではないのです。

 

実は、6-ベンジルアミノプリンはまだまだ研究途上にあり、今はまだ100%のデータがそろっていません。今後、研究が進んでいけば、さらに成分の薬効効果が明らかになってくるという期待感が高い成分なのです。

 

さらに、6-ベンジルアミノプリンは、男性型脱毛症(AGA)診療のマニュアルやガイドラインでは「C1:考慮してもよいが十分な根拠がない成分」という位置づけになっています。はっきりと実証はないけれど、育毛効果があるかもしれないというところに分類されています。

 

しかし、がっかりすることはありません。医薬部外品の育毛剤に含まれる成分のほとんどは、C1に分類されているのです。それほど、毛髪・抜け毛・白髪というメカニズムはいまだに全容は解明されていない未知の分野なのです。

 


デルメッド

更新日:

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.