スポンサーリンク

抜け毛の基礎知識

白髪やハゲは自分で防ぐことができるの?

投稿日:

 

やはり白髪やハゲはできることなら避けたいもの、というのが正直な気持ちではないでしょうか?

 

白髪は防ぐことはできませんが、ハゲは生活習慣である程度防ぐことができます。ポイントは「アンドロゲン」という男性ホルモンの分泌を抑えることです。

 

アンドロゲンとは、副腎から出るホルモンで、非常用の乾パンのようにいざというときのために備蓄されているものです。

 

通常、男性は睾丸から「テストステロン」という男性ホルモン、女性は卵巣から「エストロゲン」「プロゲステロン」という女性ホルモンが出ています。

 

これらのホルモンは急激に増えたり減ったりするということはなくて、常に一定の量に保たれています。

 

しかし危機的な状況に陥ったとき、それらのホルモンだけではしのぎきれないので備蓄しておいたアンドロゲンを使うのです。

 

アンドロゲンは「とうそうホルモン」とも呼ばれます。「とうそう」には、2つの意味があり、逃げる「逃走」と戦う「闘争」です。つまり、逃げたり戦ったりする危機的な状況で放出 されるのです。

 

アンドロゲンには、皮脂の分泌を盛んにしたり、皮膚を多毛にする働きがあります。これは、敵と戦うときに、皮膚に潤いを与えたり、多毛にしたりすることで皮膚を守るためです。

 

さらに、アンドロゲンがどんどん出てくると、額の毛根にある転換酵素アンドロゲンを薄毛ホルモンに転換します。これも敵と戦いやすいように視界をよくするためなのです。

 

ですから、ストレスをうまく解消すればハゲを防ぐことができるのです。

 

スポンサーリンク



ハゲたくなければ肉を食べるといいの?

 

ストレス解消以外にアンドロゲンの分泌を抑えるにはどうしたらよいのかというと、肉や乳製品の少ない食事をとり、肥満のある人はそれを解消するということです。

 

アンドロゲンを含め、性ホルモンのもとになっているのはコレステロールです。コレステロールは、肉とか乳製品に多く含まれています。

 

また、肥満の人は、血中コレステロールが多くなるので、そのためにアンドロゲンの量も増えます。

 

だから、ハゲたくなければ、肉や乳製品は週に1回程度にし、さらに肥満にならないように注意することが必要です。

 

また、ゴボウ茶を飲むことを習慣にするのも、ハゲの予防になります。ゴボウ茶には、血液中のコレステロールを低下させる作用があるためです。

 

スポンサーリンク

-抜け毛の基礎知識
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.