スポンサーリンク

抜け毛の基礎知識

女性ヘアトラブルの原因はホルモンバランスの乱れ

更新日:

女性の髪トラブルの遺伝的要素は、男性ほど強くない?

男性の薄毛や脱毛症などのトラブルは、食生活の乱れやストレスといった生活習慣によるものや病的なもののほかに、遺伝的な要素が大きいものです。

 

しかし、女性の髪のトラブルは遺伝的要素が男性ほど強くなく、ホルモンバランスの乱れが頭皮や髪に多きな影響を与えていることが多いのです。

 

白髪、抜け毛、薄毛といった女性の髪のトラブルは、昔は老齢の女性の悩みでしたが、最近は30代、40代から悩む人が増えています。

 

30代、40代の女性を更年期の前の段階という意味で「プレ更年期」と呼んでる人もいるようです。この年代の女性は更年期ほど劇的ではないものの、少しずつホルモンバランスがくずれ始めています。

 

このホルモンバランスのくずれが頭皮にも影響を与えて、髪が細くなったり、抜けたり、白髪になったりというトラブルが引き起こされるのです。

 

さらに、「ストレス」「偏食」「ダイエット」「過度のヘアケア」などによって、以前にも増して30~40代という若い時期から髪のトラブルに悩む人が増えています。

 

最近は仕事を持つ女性が増えてきたため、女性の体には肉体的にも精神的にもさまざまなストレスがかかっています。また、忙しさから自分で食事の準備をする余裕がなく、外食やできあいのお弁当に頼るばかりで、食生活のバランスが乱れているという人も多い事でしょう。

 

ダイエットによる食生活の乱れも髪のトラブルの原因の一つです。髪は毛根部ですごい勢いで細胞分裂を繰り返し、1日に0.4mm、1ヵ月で約1㎝も伸びます。体の中でそんなに早いスピードで成長する細胞は他にありません。

 

ものすごいスピードで成長するということは、その分栄養も必要ということですが、ダイエットや偏食などによって栄養補給が十分に行われなくなると、すぐにダメージとしてあらわれてしまうのです。

スポンサーリンク



30代を過ぎるとアンチエイジングを意識する

 

さらに、30代を過ぎるとアンチエイジングを意識するようになり「髪や頭皮にいい」といわれるいろいろな製品を使いすぎるという傾向もあります。大切なのは、あれもこれもとただやみくもに使うのではなく、自分に合ったものを選んで適切なケアを行うことです。

 

とくに年齢が上がれば上がるほど、適切なケアが必要になります。ケアで大事なのは、シャンプーをしたら必ず毎回トリートメントをするということです。とくにプレ更年期を過ぎると頭皮の脂分が減ってきます。

 

シャンプーをすると、頭皮の脂分が失われるので、「中高年の女性は毎日シャンプーをしないほうがいい」と指導する人もいるようです。しかし、毎日洗ってもかまわないのです。

 

ただし、洗いっぱなしにせず、育毛剤やトリートメント剤を必ず使いましょう。育毛剤は薄毛や抜け毛を予防する効果もあるので、悩み始める前から使ってもかまいません。

 

スポンサーリンク

-抜け毛の基礎知識
-, ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.