スポンサーリンク

抜け毛の基礎知識

太っている人に薄毛が多いは真実?適度な運動習慣を!

投稿日:

一般的に「太っている人には薄毛が多い」というイメージもあるかもしれません。もちろん肥満の人すべてが薄毛があるわけではありませんが、その傾向は強いように思います。

 

体質やカロリー過多、運動不足、肥満が原因で生じた糖尿病患者では糖代謝が正常に機能しておらず、血中のインスリン値が高くなりますが、肥満の方も、糖尿病と診断される前であっても、インスリンの効き目が悪くなり、血中のインスリン値が高くなります。インスリン値が上昇すると、肝臓での性ホルモン結合タンパク(SHBG)の生成が抑制されます。

 

一方、血液中のテストステロン(男性ホルモン)はSHBGとなるべく結合した状態で存在しており、それと結合していないテストステロンは遊離テストステロンと呼ばれます。

 

この遊離テストステロンが多いと、薄毛の根本的な原因となるジヒドロテストステロン(DHT)が多くなり、そのために薄毛が進行してしまうのです。つまり、わかりやすく整理すると、「太っている=血中インスリン値上昇=SHBG低下=SHBG結合テストステロン低下=遊離テストステロン上昇=DHT上昇=薄毛」

 

これは男性に限ったことではありません。女性にもテストステロンはありますので、女性の薄毛の論法としても言えることなのです。これが、薄毛に影響する仕組みと考えられています。

 

また、太っていると栄養が脂肪細胞のほうに多く行きわたってしまい、髪をつくるほうにまで栄養が回らないという事態にもなりがちです。そのことも太っていると薄毛につながりやすい原因の一つでしょう。

 

このように肥満が薄毛に影響するとなると、運動不足も間接的に薄毛につながりかねません。ちなみに、最近、人気のスポーツクラブでの筋トレや有酸素運動は成長ホルモンの分泌を活発にするので薄毛解消に効果があると考えられています。

 

スポンサーリンク



貧血は薄毛につながることも、貧血を改善する生活を心がけて

 


女性に多い健康の悩みの一つに貧血があります。貧血は、医学的には血液中のヘモグロビン濃度、赤血球数などが減少していることを指します。

 

まず、血液中の赤血球が減ると、酸素運搬機能が低下するため代謝効率が悪くなり、結果的に細胞の成長が鈍化します。毛根では髪の成長が鈍化して、結果的に薄毛になる可能性があります。

 

また、貧血の人はタンパク質やビタミンなどの栄養不足であることが多いため、それが薄毛に影響しているとも考えられます。

 

スポンサーリンク

-抜け毛の基礎知識
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2018 All Rights Reserved.