スポンサーリンク

抜け毛の基礎知識

女性の10人に一人が薄毛に悩む時代になった

投稿日:

髪の毛の成長や脱毛にはホルモンが関係し、女性ホルモンは成長を促進し、男性ホルモンは脱毛を促進します。薄毛・脱毛症は男性のほうが女性よりも圧倒的に多いのですが、近年、20代、30代の若い女性にも薄毛・脱毛症が急増しています。

いまや日本人女性の10人に1人は何らかのかたちで薄毛に悩んでいるといわれ、全国で600万人くらいは存在するとされています。

女性で薄くなるのは更年期によってホルモンバランスが乱れたことによる場合が多いのですが、若い女性の場合、やはり男性ホルモンとのバランス異常や甲状腺ホルモンの異常などが関係していたり、無理なダイエットや深夜まで働く機会が増えたこと、さらには喫煙や飲酒、肉体的・精神的な無理がホルモン異常を起こしていることが薄毛・脱毛症を引き起こしているのです。

ただし女性の場合、その薄毛の進行の仕方は男性のような額の生え際やM字から薄くなることはほとんどなく、全体的に間引かれるように薄くなっていく「びまん性脱毛」の症状がほとんどです。

そのため非常にわかりにくく、抜け毛の数が増えたようだ、分け目が広くなったようだ、頭皮が透けて見えるようになってきた、と気になって悩んでしまう場合が多いようです。

スポンサーリンク



「女性の男性型脱毛症」とは?

また、女性の場合でも遺伝的要素があったり更年期を迎えると、いわゆる「女性の男性型脱毛症」と呼ばれる脱毛症が生じます。

脱毛の進行速度が男性よりもゆっくりであることや、男性ホルモンであるアンドロゲンの関与が少ない脱毛を男性型と呼ぶのに異論を唱える人もおり、最近はこれを「女性型脱毛」と呼ぶようになってきています。

女性型脱毛症は完全にハゲることはなく、ヘアサイクルが繰り返されるにつれて髪の毛が徐々に細くなり、頭皮が透けて見える「毛細化現象」が中心で、さらに休止期の毛髪の割合が増加し、抜け毛が増え、髪の本数が減るという特徴があります。30歳前後から始まったり、性ホルモンの分泌が変化する更年期にとくに目立つようになります。

誘因はいろいろ考えられるものの、はっきりとした直接原因はいまだ不明です。男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられるプロペシアは適用外で、マッサージシャンプーによる効果が期待できます。

なぜ女性は適用外なのかといいますと、女性が服用中に妊娠した場合、男子胎児の生殖器官に異常が発生する可能性があること、女性がプロペシアを服用しても、男性と違ってその効果はほとんど得られないと、使用上の注意事項に書かれているからです。また20歳未満での安全性および有効性も確率されていません。

偏食や極端なダイエットから起こる脱毛

女性に多い脱毛では、このほか、偏食や極端なダイエットなどで髪への栄養がいきわたらなくなって起こるケースもあり、若い人には比較的多く見られます。

びまん性脱毛の中でも、鉄欠乏性貧血に伴う脱毛や円形脱毛症(びまん性円形脱毛症)の発生頻度が多くなっていることにも特徴があります。

アップスタイルなどにして引っ張られることにより生え際が薄くなる牽引性脱毛症、出産後にエストロゲンなどの女性ホルモンのバランスが変わったことによる分娩後脱毛症、ダイエットによる栄養障害から起こる脱毛、甲状腺機能の異常などによる脱毛・・も悩んでいる人の10人に1人と多くなっています。

スポンサーリンク

-抜け毛の基礎知識
-, , , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2019 All Rights Reserved.