スポンサーリンク

育毛効果のある食べ物

漢方パワーと食品の効果で、ハゲ・白髪を改善

投稿日:

漢方では血液の余ったものが髪とされています。

 

漢方では、頭髪のことを「血余」といいます。それは、文字通り余った血を意味しています。つまり、血液の余ったものが髪になるとされているのです。逆にいえば、血が足りないと抜け毛、薄毛、白髪など、髪のさまざまな悩みが起こってくるということです。

 

足りない血を補う事が、育毛の大原則になります。古来、薬膳料理で重んじられてきたのが「陰陽五行説」です。神羅万象の性質に分類する考え方です。五行は、その万物をさらに5つの基本要素から分類するものです。

 

内臓の働きを5つに分類したもの(肝・心・脾・肺・腎)になります。東洋医学における五臓は、西洋医学的な内臓の考え方と必ずしも同じではありません。むしろ、内臓を含めた人体のさまざまな機能を、5つのグループに分類したものと考えてください。

 

さて、育毛のための重要なのが、五臓のうち、腎と肝と脾の働きです。腎は生命エネルギーの源です。腎が弱ると、髪も弱ります。腎は血を補う働きがあります。血液の不足は、髪の状態が悪くなることに直結します。ですから、腎と肝の働きを高める食品が必要です。

 

それと並んで、大事なのが、脾の働きです。脾がよく働くと、血がサラサラになり、全身の血液循環がよくなります。頭皮の血行もよくなりますから、髪の毛にも栄養が行き届くことになります。

スポンサーリンク



白髪に効果がさまざまな食品について考えてみましょう。

ヒジキは、腎と肝に効果がある食品です。漢方では、ケガで大量出血したかたや、貧血で悩むかたにヒジキが勧められてきました。血を補う作用がとても高いのです。また、腎を高めることで生命エネルギーを高め、髪を養う効果もあるでしょう。

 

ヒジキは、髪の悩み全般に勧められますが、なかでも特徴を1つ挙げるとすれば、髪の毛の数が少なくなってきたかに推奨される点です。ズバリ、ハゲに効くのがヒジキといってもよいでしょう。

 

タコは、肝の働きを高めます。補血作用を高めます。さらに、脾の働きもよくするので、頭皮の血行が活発になり、髪の栄養状態をよくします。西洋医学的には、タコには血栓予防効果があるとされています。

 

その点からも、髪の栄養状態をよくしてくれる効果が期待できます。タコは、髪にコシ、ハリがないかたや、髪の毛がちぎれやすいかた、髪にボリュームがない方にお勧めです。

 

レバーは、そもそも血を貯蔵する臓器ですから、血を補うのに格好の食品です。鶏レバーは、腎・肝・脾の働きを高めます。タコと同様に、補血作用に優れています。鶏レバーは消化力を高めますので、とった栄養が髪にもよく行きわたりやすくなります。

 

豚レバーは、肝・脾の働きを高める効果があります。やはり、補血作用がメインの効果となるでしょう。肝の働きが弱まると、目に症状が出ることがよくあります。ですから、例えば眼精疲労や老眼があり、かつ、髪が薄くなってきたかたには、特にレバーがお勧めです。

 

スポンサーリンク

-育毛効果のある食べ物
-, , , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.