スポンサーリンク

手作り育毛剤

ルイボス茶と育毛水で頭皮の新陳代謝を高める

投稿日:

人間の老化は、老化減少に特有の物質が体の細胞にあらわれた年齢から始まります。それがあらわれるのは15歳前後。つまり、それ以降は、老化するいっぽうなのです。

 

そこで、注目されているのが、老化を抑え寿命をのばす働きのある「抗酸化物質」です。なかでも、10年以上前から「ルイボス茶」の強い抗酸化力に注目されています。

 

ルイボス茶は、南アフリカ原産の「アスパラサス・リネアリス」という植物の葉や枝を発酵させて作ったお茶です。「ルイボス」は「赤いかん木」を意味しており、現地では不老長寿の飲み物とされていました。

 

植物は本来、自分自身を紫外線の害から守るために、その体内に強い抗酸化力を持っています。とくに、ルイボス茶の抗酸化力はすばらしく、高い抗酸化力を持つ多種多様の物質を豊富に含みます。

 

それは、植物全般によく見られるものから、ルイボス茶特有のものまでバラエティに富んでいます。ひとことで、抗酸化物質といっても、ガンを抑えたり、肝機能をよくするなど、その働きはさまざまです。健康のためには、さまざまな種類の抗酸化物質をとることが望ましいのです。

スポンサーリンク



ルイボス茶の育毛水

ルイボス茶は、頭皮に塗れば薄毛や白髪の改善に効果を発揮します。すばらしい抗酸化作用を持つ成分を含むことと、ミネラルも豊富で、そのバランスが生命が誕生した原始の海と非常に近いということがその理由です。

 

原始の海のミネラルバランスは、人間の細胞を活性化する命の源ともいわれています。

 

細胞が活性化し、新陳代謝がよくなれば、頭皮の表面の血流がよくなります。毛根が残ってさえいれば、新しい髪が生え、髪に栄養が行きわたって、髪質が改善されるでしょう。

 

細胞を活性化する働きをもつフラボノイドも含まれていますから、ルイボス茶は育毛水としてもまさにうってつけなのです。ルイボス茶を1日3杯飲むだけでなく、皮膚にぬるなどさまざまな使い方ができますので、試してみるといいでしょう。

 

「ルイボス茶の育毛水」の作り方

ルイボス茶の育毛水は、家庭でも簡単に手作りできます。
材料はルイボス茶 3g
グリセリン 5ml
精製水 45ml
水道水 500ml

1)水道水をやかんに入れて火にかけ、沸騰したら、ルイボス茶を入れ、弱火にして10分ほど煮出す。

2)煮出したルイボス茶をこして冷ます。その間、グリセリンと精製水を用意する

3)ルイボス茶、グリセリン、精製水を容器に注ぎ入れてまぜ合わせる。瓶など密閉できる容器に入れると保存に便利です。

ルイボス茶の黄色い色は、効果のもとである色素成分によるもの。洋服につくと、着色する場合があるので注意しましょう。地肌につけるときは、スプレー容器などを使うとより便利です。

スポンサーリンク

-手作り育毛剤
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.