スポンサーリンク

頭皮ケア

紫外線やエアコンの影響でキューティクルが傷つくのを防ごう

更新日:

髪にとって要注意のシーズンは春と夏?

髪にとって要注意のシーズンといえば、春から夏にかけて、汗や皮脂が頭皮にたまりやすくなるうえ、髪にダメージを与える紫外線が強くなるからです。

 

紫外線とエアコンによる乾燥は髪の大敵です。紫外線は水といっしょになったとき影響が強くあらわれるので、夏場のプールや海辺では髪が濡れたまま紫外線を浴びないようにしましょう。

 

日常生活でも、外出するときは帽子をかぶったり髪をまとめるなどして、紫外線を浴びる面積を少なくなる工夫をしましょう。また、エアコンがきいた部屋は想像以上に乾燥しているため、髪の水分がどんどん失われて、キューティクルがはがれやすくなります。これも枝毛や切れ毛の原因になるのです。

 

キューティクルは外部の刺激から髪の内部を守るため、毛髪の表面にうろこ状に重なっています。しかし、摩擦や熱、紫外線などの影響を受けると傷つきやすく、しかも一度傷ついたり、はがれたりしてしまうと修復はできません。

 

健康な髪の寿命は4~6年ですが、キューティクルが傷つくと寿命が短くなったり、抜け毛などのトラブルを招く場合もあるのです。キューティクルが傷む主な原因としては、紫外線やエアコンによる乾燥のほかに、乱暴なシャンプーや無理なブラッシング、ドライヤーの熱などの物理的な刺激、パーマやヘアカラーなどの薬液による影響があげられます。

スポンサーリンク



地肌・頭皮を健康に保つ3つの基本

健康で美しい髪をたもつには、地肌をみずみずしく保つことも大切な条件です。地肌、すなわち頭皮の健康を保つには、

1)髪と頭皮を清潔に保つ、2)髪に水分と油分を補う、3)毛根の新陳代謝を高める、この3つの基本を守ることが大切です。

 

髪を洗う時は、よく泡立てて、頭皮は指の腹でマッサージするように洗いましょう。ポイントはやさしく、しっかりと頭皮を洗う事です。頭皮に皮脂やアカ、皮脂に付着したホコリなどが残っていると、それが毛穴を詰まらせて、毛髪の成長を妨げることがあります。

 

また、皮脂が微生物によって分解されて刺激物質に変わることで毛根に悪影響を与えることもあります。ですから、その日の汚れはその日のうちに落としておくことが大事なのです。頭皮をやさしくしっかり洗う事は、頭皮の血行促進効果も期待できます。

 

髪が濡れて水分を吸収してふくらんだ状態のままドライヤーをかけると、髪を傷める原因になります。ドライヤーをかける前にタオルでできるだけ水分をとっておきましょう。

 

こうしたトラブルを防ぐために、しっとりした仕上がりのシャンプーやリンス、トリートメントを使って髪の水分を保つことはもちろん、ヘアコート剤やヘアクリームで髪の表面を保護しておくことも大切です。

 

スポンサーリンク

-頭皮ケア
-, ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.