スポンサーリンク

頭皮ケア

女性の薄毛が起こる原因は加齢と女性ホルモン?

投稿日:

女性の薄毛を引き起こす要因には様々なものがありますが最大の原因は「加齢」です。実際、特別に問題のある食事や生活習慣などとは無縁で、健康的にごく普通の生活を送ってきた女性でも、薄毛に悩むようになることが少なくありません。そのほとんどが「加齢」なのです。

 

加齢自体は誰にも平等に起こり、誰にも止めることができないものです。しかし、女性の場合、その加齢が薄毛の原因になってしまいます。

 

実際、女性は一般的に、更年期前後の頃に薄毛が気になり始めることが多いようです。特に閉経すると髪の毛が細くなり、休止期に入る毛根の割合が増え、髪の毛の密度が低下してくる傾向がわかっています。また、髪が細くなり、地肌が見えるような状態になることも珍しくありません。

 

では、なぜ年齢を重ねると、薄毛が起きてくるのでしょうか?そこに大きく関わっているのが「女性ホルモン」です。女性の体内では、加齢とともに女性ホルモンが減少していきます。これはごく自然なことですが、このエストロゲンの減少が薄毛に直結しているのです。

 

スポンサーリンク



 

エストロゲンはなぜ髪にいいのでしょうか?

 

毛包にはER-βというエストロゲンレセプターがあり、これが毛周期に重要な役割を果たしています。すなわち、エストロゲンが毛の成長期を持続させ、成長期にある毛を増やすのです。マウスの実験でも、このER-βが欠損していると、毛周期の退行期が早期に起きることがわかっています。

 

もちろん人間の女性の例を見ても、エストロゲンがいかに髪に影響しているかがわかります。例えば、妊娠中は毛量が増える反面、出産後には減ること。避妊のために使用しているピルをやめると抜け毛が増えること。さらに閉経後に脱毛症が進行すること。

 

また、女性ホルモンの体内でも合成に欠かせないアロマターゼの抑制薬を乳がんの抗がん剤として使用すると、しばしばAGA(男性型脱毛症)が見られることなど、枚挙にいとまがありません。

 

男性ホルモンが結びつき、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質を生成することから始まります。さらに、このDHTが、髪の毛に悪影響を与える遺伝子群に作用し、脱毛を促進させるTGF-β1などのタンパク質を発現させることで、薄毛が引き起こされるわけです。

 

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位となった女性も、この男性ホルモンにまつわる薄毛のメカニズムがそのまま当てはまります。これが「女性男性型脱毛症」です。

 

スポンサーリンク

-頭皮ケア
-, ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2018 All Rights Reserved.