スポンサーリンク

頭皮ケア

頭皮の老化でエイジング・トラブルが起きる?

投稿日:

年齢を重ねることで体内が老化するのと同時に、頭皮も老化し、さまざまなエイジング・トラブルが起きてきます。

 

髪は美容における大切なパーツのひとつですが、もう一つの側面として、体の健康状態を表す重要な器官という役割も持っています。

 

人は食事などから栄養を取り入れ、生きるために必要なエネルギーを作ります。栄養が足りない場合、髪はすぐに不調をうったえ始めます。

 

栄養不足や疲れ、睡眠不足などが起きると髪がパサついたり、爪に線が入るなどとよく聞きます。髪や爪は、体に不調が起きるとすぐに影響が出てくる器官なのです。

 

老化によるエイジング・トラブル、女性ホルモンの乱れ、睡眠不足やストレス、更年期障害、成人病など原因はいろいろ考えられます。

 

髪は体内の調子を明確に表しています。髪に不調があらわれたときは、頭皮や髪にだけ原因を探らず、体からも何かしらのサインが出ていないか注意することが大切です。

 

栄養が十分に行きわたり、良質な睡眠がとれていて、代謝も良い状態であれば、髪はツヤツヤと健康に生えてきます。

 

カラーリングやパーマでダメージを与えてしまっても、それに耐えうる強さも髪も保つことができるのです。

 

美しく健康な頭皮と髪を作るために、頭皮ケアやマッサージとともに正しい食生活、代謝がアップする良質な睡眠、血行を良くする適度な運動などの全身ケアも心がけましょう。体が不調のままでは、頭皮も髪も本当に健康とは言えません。

スポンサーリンク



髪に良い代表的な食材はワカメ?

昔からよく髪に良いと言われている代表食材がワカメです。確かに、ワカメなどの海藻類にはヨウ素という成分が含まれています。

 

ヨウ素とはホルモンの機能を高める重要なミネラル成分で、エイジング世代に欠かせないものです。ですが、髪を生やすには、まずは髪を構成するタンパク質をとることが大切です。

 

また、食事で大切なのはバランスです。タンパク質(肉・魚・大豆など)をとり、そのタンパク質を働かせるためにビタミンB群(卵、レバー、牛乳など)を取ります。

 

そして、さらにタンパク質と結びついてコラーゲンを作るビタミンC(果物。野菜など)、タンパク質の合成を促進させるホルモン原料のヨウ素(海藻類)が必要になります。

 

このようにそれぞれの栄養素は作用しあって力を発揮していくのです。特に、ビタミンは単体で摂取しても働きません。ビタミンB、C、Eはミネラルとともに、チームで働いていくのです。

 

でもこれでは毎日の管理が大変。大豆製品、野菜類、海藻類、貝類、白身魚、鶏肉・・、体の髪のために、バランスの良い食事をとる必要がありますが、無理なくストレスを感じずに続けられることが一番です。

 

時には効率よくとることも必要です。栄養素をきちんととるために、青汁や野菜ジュース、サプリメントなどを活用するのも考え方の一つです。

 

 

スポンサーリンク

-頭皮ケア
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2018 All Rights Reserved.