スポンサーリンク

頭皮ケア

頭皮や髪を守る常在菌を洗いすぎて、かえって薄毛に!

更新日:

日本は異常な抗菌グッズ社会です

現在、日本には抗菌グッズがあふれています。テレビでは、抗菌、除菌、消臭をうたう商品のコマーシャルが頻繁に流れ、実際に私たちが日常手にしている商品は、ボールペンから下着に至るまで、抗菌グッズだらけといっていいでしょう。

 

日本にいる限り、抗菌グッズにふれないで生活することはできない状況になっています。日本はまさに抗菌社会です。多くの方は、抗菌グッズで菌を寄せ付けないようにしていれば、健康が保たれやすいと考えていると思いますが、決してそんなことはありません。

 

むしろ抗菌社会そのものが、新たな病気を生み出しているのです。日本人は「洗えばきれいになる」と思って、せっせと体を洗います。しかし、事態は全く逆で「洗いすぎると汚くなる」のです。これは、どういうことでしょうか?

 

私たちの体は、いろいろな微生物で守られています。皮膚には、表皮ブドウ球菌など10種類以上の常在菌が存在し、私たちの皮膚を守っています。鼻やほお、あごには、200万以上もの菌がひしめいています。

 

キレイな肌というのは、この皮膚の常在菌によって保たれているといえるでしょう。常在菌は、皮膚の脂肪をエサにして、脂肪酸という酸性の膜をつくって皮膚を守ります。この膜があるからこそ、外からのアレルゲンや、悪い菌などが皮膚に侵入するのを、防いでくれているわけです。同時に、皮膚内部の水分が蒸発しないようにしています。

 

肌を洗いすぎると、皮膚の常在菌を洗い流してしまいます。すると、皮膚の角質層がバラバラになり、アレルゲンが侵入し、アトピー性皮膚炎になりやすくなるばかりか、皮膚の中の水分が蒸発し、乾燥肌にもなってしまうのです。

 

石けんで体を洗うと、皮膚表面の常在菌は、90%が洗い流されてしまいます。若い人なら、12時間程度で常在菌の数が正常にもどりますが、中高年になると、常在菌の数が正常に戻るのには、20時間程度必要でした。

 

つまり、若い人の場合は、1日1回までなら、ふろで石鹸を使って体を洗っても大丈夫ですが、2回以上洗うと、常在菌の数が減少し皮膚の角質がバラバラになったり、肌が乾燥したりと、悪影響が起こってきます。

 

ましてや中高年の場合、石けんで体を洗うのは、2日に1回くらいにとどめたほうが皮膚の乾燥のためにいいのです。60歳を過ぎたら、体を石けんで洗うのは2~3日に一度くらいで充分です。

スポンサーリンク



頭皮の洗い過ぎは、皮脂を奪い頭皮を守る被膜を破壊する?

 

同様のことが、髪の毛についても当てはまります。頭皮の皮脂腺からは、皮脂が分泌されています。皮脂は、頭皮の常在菌の働きにより、汗と混じることで乳液状になり、頭皮や髪の毛に広がるのです。

 

そして、それが他の皮膚の場合と同様に酸性の被膜を作ることで、頭皮を守っています。この皮脂がなくなれば、頭皮も毛髪も、カサカサと乾燥した状態になってしまうというわけです。

 

頭皮には、体の中で最も多く皮脂が存在します。このため頭皮は体のほかの部位の皮膚よりも確かに丈夫なのですが、それでも頭皮を洗いすぎるのはよくありません。洗いすぎれば、頭皮の皮脂を奪う事になり、それが髪や頭皮に対しても悪い影響を及ぼします。皮脂が不足すれば、毛根にもよくありません。

 

この意味で、石けんで体を洗いすぎると皮脂の健康のためにならないように、シャンプーで髪を洗いすぎることは、頭皮の健康を守るうえでも、いい結果をもたらさない可能性が高いのです。逆に言えば、ちょっとくらい不潔なほうが、髪の健康のためにはいいといえるでしょう。

 

髪は毎日洗わないと我慢できないという方は、使用するシャンプーの量をできるだけ少なめにしましょう。また、お湯だけで洗うのもいいでしょう。いずれにしても、何事もいきすぎはよくありません。抗菌グッズに囲まれた私たちは、抗生物質や殺菌剤の乱用により、ウイルスや細菌などの微生物と付き合う機会が、極端に減ってしまいました。

 

その結果、日本人の免疫力は大幅に下がってしまい、多くの方がさまざまなアレルギー性疾患に悩まされるようになってしまったのです。

 

スポンサーリンク

-頭皮ケア
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.