スポンサーリンク

シャンプー

頭の洗いすぎが薄毛を招く

投稿日:

 

頭皮をズームカメラでアップにして、毛根に脂汚れがつまっているのを、ことさらにさわぎたてて、薄毛の原因だという人がいます。あれは本当でしょうか?

 

ずばりお答えしましょう「毛根に脂がつまっているのはよいことです」毛根には、バイ菌や毛ジラミが侵入しようとします。

 

それを防ぐために皮脂によって栓をして守っているのです。あの脂を洗い落とすと、体は慌てて脂を分泌するようアンドロゲンという男性ホルモンを分泌します。

 

アンドロゲンは額の毛根の転換酵素によって薄毛ホルモンにあります。つまり、頭の洗い過ぎが薄毛を招いているのです。

 

スポンサーリンク



リンスは頭皮を汚している?


私も以前はヘアワックスをよく使っていたので、それを落とすために、毎日シャンプーをしていました。シャンプーで洗うと毛がパサパサになるので、潤いを与えるためにリンスを使っていました。

 

しかし、シャンプーやリンスを使うとフケがひどくなるのです。長い間そのことで悩んでいましたが、最近になってようやくその理由がわかりました。

 

シャンプーで脂を落とすと体は慌てて脂をおぎないます。その結果、脂過剰による湿疹、脂漏性湿疹になる。これがフケの本体です。

 

さらに、リンスは潤いを与えているのではなくシリコン樹脂でコーティングしているのです。つまり、頭皮を汚しているのです。

 

このことが分かってから、私はヘアワックスをあまり使わなくなりました。そして、シャンプーを使うのはヘアワックスを使用したときだけで、普段はお湯で洗い流すだけにしました。

 

さらに、例えシャンプーをしてもリンスを一切使わないようにしています。それ以来、フケは治り、髪の毛はつやつやになりました。もちろん頭が汗臭いこともありません。

 

皮膚科医もシャンプーは週に2回でいいといっています。化粧品メーカーのおどしにのって、洗いすぎて頭皮の保護膜を破壊するのはやめましょう。

 

スポンサーリンク

-シャンプー
-, , ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.