スポンサーリンク

シャンプー

正しいシャンプーとリンスのやり方で抜け毛予防!

投稿日:

市販のシャンプー剤の売り言葉の多くは「髪にやさしい」「髪をツヤツヤにする」というように、髪の毛を中心にしたものが多いようです。しかし本来、シャンプーの目的は、髪を洗うのではなく、頭皮を洗うことにあります。

 

髪を洗う事ばかり意識して、頭皮の洗浄が不十分だと、髪そのものに悪影響を及ぼします。頭皮は髪の土壌であり、そこが汚れていては、髪も細く弱くなってしまうからです。間違ったシャンプーを続けることで、髪によりダメージを与えることもありうるのです。

 

髪の薄い人のなかには乾燥肌の人もいますが、皮脂の分泌の多い人の方が脱毛をおこしやすい傾向にあるようです。皮脂が多いと毛穴に脂が詰まり、十分な栄養が行かなくなるために、髪が細くなってしまうのです。

 

このようなタイプのかたはとくに、頭皮の脂をきちんと取り去ることが大切です。ですから、シャンプーはできれば毎日行って、その日の汚れはその日のうちに落とすことを基本にしてください。

スポンサーリンク



シャンプーをする時に重要なことは?


さらに、シャンプーの頻度より大切なことがあります。それは、すすぎです。いいかげんにすすいでいるとシャンプー剤が頭皮に残ったままになってしまい、炎症などのトラブルの原因になりがちです。これが、脱毛の直接の原因になる場合もあるのです。

 

目安としては、1分間シャンプーをしたら、1分間すすぐと覚えましょう。つまりシャンプーに使ったのと同じくらいの時間をかけて、しっかりシャンプー剤を洗い流すのです。

 

洗う時は、指の腹を使って、後頭部の襟足の髪の生え際から、上に向かって地肌を洗っていきます。髪が生えている流れに逆らうように上に向かって洗う事で、しっかり頭皮の脂をとることができます。このとき、爪を立てると頭皮が傷つくので注意しましょう。

 

1回目で軽く全体の汚れを落とし、2回目でしっかりマッサージしながら洗いましょう。特に、頭頂部および、毛が薄くなっている部分はしっかりと洗います。頭頂部は皮脂の分泌が盛んな所ですから、ここから毛が薄くなっていく場合が多いのです。

 

「抜けるのがイヤだから」と薄くなっている部分をしっかり洗わないでいると、いっそう脱毛が進む可能性があるので、しっかりと洗いましょう。

 

もう一つ、リンスの使い方にも注意が必要です。シャンプーは頭皮を清潔にするものですが、リンスは髪の摩擦抵抗を低くし、指通りのよい状態にするためのものです。ですから、リンスは頭皮に付着しないようにあっさりと髪に行きわたらせる必要があります。

 

また、養毛剤や育毛剤は、シャンプーで汚れを取り除いたあとの頭皮に付けることで高い効果が期待できます。軽くタオルで水を取り除いてからつけましょう。

 

スポンサーリンク

-シャンプー
-, ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2017 All Rights Reserved.