スポンサーリンク

血行促進と栄養補給

行き過ぎたダイエットや偏食も薄毛の原因に?

投稿日:

過度のダイエットや偏食は特に若い女性にありがちなことです。しかし、行き過ぎたダイエットをしたり、偏食であったりして栄養摂取が十分でないために、薄毛が起こることがあります。

 

髪をつくるうえで欠かせないタンパク質をはじめ、ビタミン、ミネラルなど栄養素が全般的に不足しているのです。その一方で、パスタやパン、お菓子など、炭水化物の摂取が多すぎる場合もあります。

 

ところが、こうした女性たちは自分の栄養不足を自覚していないことがほとんどであるのが、また問題です。「自分は大丈夫」と思っていても、時には意識して、自身の食生活をきちんと見つめ直すようにしましょう。いろいろな栄養をバランスよく摂取することが、薄毛対策としても非常に重要なのです。

 

例えダイエットや偏食などの問題がなく、普通に食事をしている人も少なくありません。まして、生まれつき髪が薄い方の場合は、普通の食生活では髪の毛を新たに多く作り出すのは難しく、十分なタンパク質とビタミンを摂取することが必要です。

 

それでも食事だけで完璧に栄養を摂取するのはなかなか難しいことです。特に髪をつくる細胞は、細胞が分化・増殖するスピードが体のなかで最も早いため、すべての栄養素を充分に取らなければなりません。

 

それには、髪に有効なサプリメントなどを活用して、髪を育てるのに十分な栄養を補給する必要があります。

 

スポンサーリンク



ストレスも薄毛には悪影響です。

ストレス自体が薄毛の直接的原因になるとはいえません。しかし、ストレスが薄毛につながる理由はじつにさまざまあります。一つは、ストレスホルモンによる影響です。人間に精神的ストレスがかかると、副腎皮質からコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌されます。

 

それにより、いわゆる体を錆びさせる活性酸素が発生し、それが髪の毛の成長にもダメージを与えるのです。また、ストレスがかかると、女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまいます。

 

「ストレスで生理が止まる場合がある」ことは、女性なら耳にしたことがあるでしょう。エストロゲンは毛の成長期を持続させ、成長期にある毛を増やすため、エストロゲンの減少はダイレクトに薄毛を進行させることがあります。

 

ストレスの悪影響はまだあります。これは二次的な要因ですが、ストレスがあると不眠がちになり、睡眠不足となることが珍しくありません。成長ホルモンは睡眠中に最も分泌されるので、不眠がちであるとその分泌が低下して、髪の成長も鈍ってしまうのです。

 

以上のように、直接的ではなくともストレスは髪にとっても大敵です。とはいえ、現代社会で「ストレスフリー」に生活するというのはとても難しいこと。早期に薄毛治療を開始して、薄毛というストレスだけでも解消することをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

-血行促進と栄養補給
-, ,

Copyright© 髪の毛の悩み裏技解決方法 , 2018 All Rights Reserved.